主婦のチャットレディ&メールレディの確定申告!旦那にバレる?経費は?

チャットレディ(メールレディ)の確定申告

主婦でチャットレディやメールレディをしている人に、確定申告の流れ確定申告の説明をしていきたいと思います!

チャットレディやメールレディの「確定申告」は必要??

確定申告は、「しなくていい人」と「しなくてはいけない人」がいます。

 

チャットレディやメールレディ以外で何もお仕事をしていない人で、チャットレディやメールレディで稼いだ金額が1年間で38万円以下の場合は、確定申告はする必要はありません。

 

38万円を超えてしまった場合は確定申告が必要です。

 

チャットレディやメールレディで稼いだ金額-必要経費=38万円以下

 

チャットレディやメールレディ以外にパートなどをしている人で、チャットレディやメールレディで稼いだ金額が20万以下の場合も確定申告をする必要はありません。

 

20万円を超えてしまった場合は確定申告が必要です。

 

チャットレディやメールレディで稼いだ金額-必要経費=20万円以下

 

それ以外の人は確定申告はしなければいけません。

主婦の確定申告は「103万円以上」ではないの??

働いている会社からお給料がでたり源泉徴収がでる場合は、103万以上収入があれば確定申告が必要になりますが、チャットレディやメールレディの場合は源泉徴収もありませんし、ちょっと違います。

 

チャットレディやメールレディでお仕事をしている場合、チャットレディやメールレディサイトを運営する会社とあなたとの関係は「業務請負契約」になります。

 

お給料をもらうお仕事の場合は、会社とあなたとの関係は「雇用契約」になります。

 

チャットレディやメールレディは、サイトやアプリを運営している会社からお給料をもらっているわけではなく、報酬を受け取っている事になるんです。

 

 

給料=雇用契約

報酬=業務請負契約

 

 

と覚えておいてください。

 

この業務請負契約には、給与所得控除の最低額65万円は受けられません。

確定申告をしなければいけない場合、チャットレディやメールレディをしている事が旦那さんにバレるのか??

旦那さんには内緒でチャットレディやメールレディをしている人も多いと思います。

 

先ほども書いた通り、チャットレディやメールレディで、1年間の所得(稼いだ金額-必要経費)が38万以下であれば、旦那さんにバレることはありませんし、確定申告する必要もありません。

 

1年間の所得(稼いだ金額-必要経費)が38万円以上になってしまった場合、確定申告は必要になり、住民税や所得税など旦那さんの扶養から外れます。

 

確定申告時に、「自分で納付する」にチェックを入れて提出すれば、税金を納める時に自分で支払いをすればいいので旦那さんには知られずに済みます!

 

ここからが問題!

 

1年間の収入(稼いだお金+必要経費)が130万以上の場合は、確定申告は必要になり住民税や所得税は自分で支払わなければなりません。

 

しかも、旦那さんの社会保険の扶養から外れなければいけなくなり、自分で国民健康保険料や国民健康保険料を支払わなければなりません。

 

社会保険の扶養を抜けるという事になるので、旦那さんへはバレてしまいます。

 

1番良いのは、年収130万円以上稼がないという事ですね。

チャットレディやメールレディの「必要経費」

チャットレディやメールレディでの経費は、家賃・光熱費・通信費・Webカメラ・マイクなど、お仕事で必要なもの使うものになります。

 

家賃や光熱費、通信費は按分といって、基準となる数量に比例して割りふる事になります。

 

この記事の内容は、個人の調査によるものです。

 

内容については一切の責任を負いかねますので、わからない事がありましたら専門家にご相談ください。

 

主婦にオススメ!安全に稼げるサイト(アプリ)はこちら

タイトルとURLをコピーしました